クリーニング日々日記

クリーニングブランドの日々の日記

栃木県日光市でクリーニング店を営み、そこで日々起こっていることを書き綴っております。.
 





先ほど着物の縫い直し…

先ほど着物の縫い直しに出していた反物が着物になって戻ってきました。どの業界もそうですが、専門の職人さんが日に日に廃業しいく時代なので、着物の縫い直しの職人さんを今回探すのが大変でした。

注意が必要な布団製品

量販店、代理店か、デパートなどからの購入が多いと思います。

10年以上経つかと思いますが、メーカーが製造、販売、クリーニングを一連で行うメーカーがちょこちょこ出てきています。

一連で作業を行うメーカーの製品は、特殊品、粗悪品が多い場合があります。

今までも、多数のメーカーの一連の業務をメーカーで行っている商品をお預かりしてきました。どの品物も購入から最初の数年(期間は、品物によります)は、問題無く処理出来ますが、年数が経つにつれて不具合が生じる可能性が高くなります。

先日、丸※真綿製のムートンを使った絨毯をお客様からお預かりしました。

お客様から「丸※真※さんのクリーニングを利用していましたが、お店が遠く不便なので、自宅から近くで利用できるクリーニンング店を探してました」と来店されました。

詳しくお話しを聞いていると価格が高めなので出来るだけ安い所をさがしていると言う事で、当店で契約している布団専門店に見積もりを取ってもらい当店でお預かりする事となりました。

布団業者からの説明によると何頭もの毛皮を張り合わせたムートンで質は、悪いとの事でした。

最近同じような理由で「丸※真※さんの」と敷き布団をお預かりしました。

強めな営業でどしどし売り込みに来ている噂は、多々聞きますので注意が必要かと思います。

汚れによる日焼けの例

下記の写真は、綿100%のスーツです。

着用後、日の当らない部屋に長期間下げて保管していたら、このように色が抜けてしまったようです。

色抜けがひどい個所は、太もも周辺とズボンのポケット部分です。

一般的に色が抜けたとお客様から相談を受けると、直射日光の影響からの日焼けが多いのですが、今回の場合は、日に当たらない場所に保管しての変色です。

写真からだと色が抜けているように見えますが、汗による焼けと判断しました。

一番上の上着とズボンが載っている写真ですが、スーツの元の色自体がうすい感じで、
焼けると色が抜けたように見えるようです。

P1060942

P1060943

P1060945

色が抜けてしまった品物は、着物ですと染め直しが可能ですが洋服の染め直しは、難しく
染め直しは、難しいのが現状だと思います。

女性物の上着の虫食い穴と引っかき傷・・・・(かけはぎ修理前)

お客様から問い合わせを頂きました。

長期にわたりクローゼットに収納していて、久しぶりに出してきたら虫に食べられてしまい、着用先でひっかけ傷を付けてしまったので、何とか補修出来ないかとの内容でした。

P1080085

P1080093

P1080095

今回の上着の場合、共布が小さいため、かけはぎに必要な分の生地に足りなかったです。

そう言う場合は、裏側の生地から取って使います。

今回の品物が上着ですが、念のため、パンツも預け共布がとれるようにしました。

カーデガンに付いたシミの除去について

P1050435

今回お客様からお預かりさせて頂いたカーディガンです。
お客様からこのカーディガンの汚れについて状況を聞かせて頂きました。

P1050431 P1050433

左腕の側に食事中何かがはねてついてしまったらしいが、目立たなかったのでそのまましばらく収納し、次着用しようと出してきたら上記のように黄色くシミになっていたようです。

P1050436 P1050438

油性処理で油分を取り、水性処理をしましたが変わらないので、部分漂白に移りました。

一般的に白い物でも淡く黄色がかっている白だったりと真っ白でわ無い場合が多いので全体漂白が、
多いですが、今回は、胸元あたりにレースが付いていたり生地を分けて使っているものでしたので、
部分的に少しずつ漂白をしていきました。

黄変部分が白く抜ける事無くきれいに仕上がったと思います。

刺繍を外してほしいとのお問い合わせ・・・・2(作業後)

前回の1からの続きになりますが、下記の写真が刺繍を外し終わった状態になります。

刺繍糸を一つ一つ外していく作業になりますが、ミシンで刺繍を入れた時の針穴とその時のささくれは、
残ってしまいたすね。

今回作業をしてみて、刺繍のずれを予防する為に接着剤が付いていてこれを取るのが予想外でした。。

P1080961

接着剤もだいたいは、取れたので写真で見るかぎりあまり目立たないと思います。

P1080964

今回の「刺繍を外す」と言うお問い合わせは、初の事だったので戸惑いもありましたが、

問題なく刺繍も外れ、お客様も大変喜んで頂けたみたなので、ほっとしております。

子供用ツーピースの上着に食べこぼしのシミ(作業後)・・・2

 

 

 

予定通り、油の汚れを取る処置をしたところ簡単に除去する事が出来ました。

 

汚れが付いて早い段階でお品物をお預かりする事が出来たのが一番良かったと思います。

 

付いたばかりの油性(油系の汚れやシミ)は、早ければ早いほど汚れやシミは、取り除きやすいです。

 

時間が経ってしまうと、油が酸化して黄色く変色したり、水溶性の汚れやシミは、繊維を着色してしまったりします。

 

 

 

 

P1080860.1JPG

 

 

 

 

P1080865.1JPG

 

処置部分が濡れていて和ジミのようにみえますね。

ここを専用の機械で専用の水を使いすすぎ、水分を取り除いてから丸洗いをします。

刺繍を外してほしいとの問い合わせ・・・1

先日、日頃から大変お世話になっている近所の乗馬クラブのスタッフさんが

「ジャンバーに入っている刺繍を外す事は、出来るんでしょうか?」とご来店頂いた。

P1080844.1JPG

P1080841.1JPG

子供用ツーピースの上着に食べこぼしのシミ(作業前)・・・1

お客様からお預かりした、お子様用のスーツに食べこぼしを付けてしまったとの事。

どちらのシミも油性の汚れのようです。

油性処理を行いたいと思います。

ブランドバック・・・・専用バックでお返し致してます。

布製、革製、ブランドバックのクリーニングの需要が年々増えて来ました。

当店では、外部の専門業者に外注していますが、その外注先で、バック類の返却時に専用バックで返却するサービスを始めました。

ブランドバック 2

ブランドバック バック

通気性のあるバックなので「袋から出して陰干し」などしなくてもそのまま収納して頂けます。

ですが、収納して何年もしまったままは、良くないので、年に一度は、湿度をチェックして冬の時期に陰干しをしましょう。

冬の時期に陰干しするのは、年間で一番湿度が下がる時期なので、日本では、むかしから1月2月ごろに着物を陰干しする風習があります。